発表会

この間、娘たちの通っているピアノ教室の発表会がありました。

今年はコロナ禍の中での開催ということで、大変なことも多い中、一日の中で何回かに人数を分けて分散型にしたり、他にもいろいろと気を遣ってくださり、無事に開催されました。

 

上の子は『匠』を下の子は『エリーゼのために』を弾いたのですが、練習の成果もあり、今までのなかで一番上手に弾くことができました。

他の生徒さんたちの演奏もとても上手で、ピアノの音色を聴きながら、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことができて、心も身体も癒されました。

こんな状況のなか、ピアノ発表会を開いてくださった先生方に改めて感謝です。

来年はいつも通りの発表会が開催出来るように、早くコロナが終息することを願うばかりです。

 

須坂支店 小林