第32期経営計画発表会 ~後編~

社員全員でのお出迎えから始まります

県内外から日頃より大変お世話になっております保険会社様をはじめ、お取引先企業様にお越し頂きました。

この日のためにお時間を割いて頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

 

温かい気持ちに包まれてー

いよいよ開会です。

 

群馬支店 代田支店長の開会宣言、

太田支店 関支店長の経営理念の唱和

弊社の掲げる一番大切な経営理念を社員全員、心を一つにしました。

 

また、お忙しい所ご出席くださいました、

東京海上日動火災保険株式会社 長野支店長 武元様、

損害保険ジャパン株式会社 長野支店長 小林様、

AIG損害保険株式会社 長野支店長 千明様よりご挨拶を頂戴いたしました。

 

いつも弊社を支えて下さいまして、本当にありがとうございます。

またご紹介しきれないほど沢山の電報も頂戴いたしました。

これほど多くの方々にご支援いただき、弊社を大切にして頂いておりますことに

改めて感謝を致しました。

 

そして、新入社員代表の挨拶を 本店 中村社員

新たに加わった新オフィスより代表して 埼玉中央支店 永島支店長 よりそれぞれ力強い抱負の発表がありました。

新しく入社される方にはものすごいパワーが宿っていて、もう何年もいる社員スタッフの気持ちまで揺らして新しい風を吹き込んでくれます。

そのパワーをもらう度、「負けられない」「もっともっと」と思うのではないでしょうか。

新たに仲間になった沢山の皆さん、一緒にもっともっと高い所を目指して頑張っていきましょう。

 

そして

代表取締役兼CEO 鈴木による経営計画の発表です

今年は2019年より3ヶ年計画で進めてきた

【「創造、実行、徹底」による組織強化と拡大】の最終年度になりました。

計画完遂のために掲げた5つのプロジェクト

1.業務品質

2.事業収益の強化

3.人材採用、育成

4.財務部門の充実

5.働き易い職場環境創り

これを軸に、掲げた目標を必ずやり遂げるため

社員に熱い思いが送られました。

掲げられている各目標数字は決して簡単に達成できるものではありませんが、

「必ずやる!」という社長の強い意志と思いを

受け取った私達社員一同は、この挑戦に果敢に挑みましょう!

 

経営計画発表の最後ー

7年目を迎えた寄付をさせて頂いている、児童養護福祉施設様の卒業生から頂いたお手紙が紹介されました。

年齢や環境、生い立ちも様々な生徒さん方が、施設を卒業する際に弊社にお礼のお手紙をくださいます。

どれもみんな、「社会に出たらやりたいこと」「頑張りたいこと」「こんな大人になりたい」という明るい希望にあふれたお手紙です。

日々一生懸命生きている生徒さんに、ほんの少しでもお役に立てるように・・・

そんな思いから始まった寄付が、今年もできたことは弊社にとってとても大きな喜びです。

 

プレステージ株式会社は

掲げた事業計画を達成することを大きな目標としております。

ですが、時にそれよりも大切に思うこと

それは

「どこかで 誰かの 小さなお役に立つ会社」を創ること

 

とても大きく、そして温かいメッセージで

代表鈴木による経営計画発表が締めくくられました。

 

 

そして会も終盤

もう一度スクリーンには映像が流れます。

 

新型コロナウィルスの拡大により、ほとんどといっていいほど何もできなかったこの1年を振り返りー

とても苦しかった日々が回想されました。

それでも、だからこそ、共に頑張る仲間の存在が大切に感じたこと。

もう一度、みんなで行った社員旅行、楽しかったパーティーも全部叶う日々が戻ってきますように。

 

流れる映像を見ながらそう思いました。

 

私達は、一つの会社 一つの家族です。

歩む先に どんな困難が待ち受けても 共に乗り越えよう

 

エンドロールには社長の真っ直ぐなメッセージが込められー

 

第32期経営計画発表会 ~超拡大と新体制で挑む2021アプリオリ~ の幕がおりました。

 

御出席下さった全てのお客様を全員でお見送りした後、

再び一堂に集まり、達成感で満たされた会場からは一気に大きな拍手が沸き起こりました。

社長のすがすがしい姿を全体が包み、会の大成功を全員で味わいました!

 

今回の経営計画発表会は

IR特命課として 太田常務、片平課長、海川社員、羽生田社員、駒村社員、塚田社員、そして鷲野が会場運営をさせて頂きました。

この日に至るまで色々な準備をさせて頂きましたが、当日、会場で様々な場面で動いて下さったすべての社員の皆様のお力が有難く、

そして大成功の源だったと感じております。

全ての皆様に心より感謝しております。

 

そして鈴木社長

 

社員全員を後ろから見守る姿に、偉大さを感じました。

この経営計画が達成できるよう、また明日から私達社員を導いてください。

 

 

 

本店 鷲野 記