言葉のちから

これまでの人生で経験のないことが今、世界で起こっています。
不自由を感じる事も多い反面、
どれだけ普段の生活が恵まれていたかと言うことにも気づかされました。

同じように、
離れている分、顔が見えない分、
相手がどんな思いをしているか、どう感じたかを考える力も試されているなぁとも感じました。

テレビの世界ではリモートであたかもその場にいて番組に参加しているような形を取れたり、家にいるからこそ、家にある面白いものを見せてくれたり、
この状況を面白くするアイディアに感心する事もたくさんありました。

普段当たり前にあるから見えない事や、気がつかない事。

逆に不自由になったからわかった事。

でも、やはり私たちは言葉で相手に伝える生き物です。
会えない分、見えない分、言葉一つで、声色ひとつでいろんなものが伝わると思います。

先日、SNSで命をたつまでに追い込まれてしまったニュースをみて心が痛みました。

何気なく発する言葉、声、
それによって幸せにも不幸にもしてしまうこのツールを

もっと大切にしなければならないと
そして、幸せに感じてもらえるような発し方をしないといけないと思いました。

本店 鷲野